• ひまわり
  • ビルとソーラーパネル

postheadericon 考える助けになること

空とひまわり

太陽光発電を考える場合、まずはどこに太陽光パネルを設置するかを考えてみるといいでしょう。
そして、様々な時間にその設置する場所を観察してみて下さい。
するとどのくらいの間そこには光が当たっているのか、影ができる時間帯はないか、何時以降になると当たらなくなるのか。といった設置するうえで大切な事が見えてきます。
そうして観察してみると、日当たりが良いと思っていた屋根でもある時間帯になると近くのマンションの影が伸びてきて、あまり光が当たっていなかったという事があったりするかもしれません。
観察してわかったことを踏まえつつ、どのくらいのサイズのパネルを置くかを考え、そこから生み出される電力数と家で使っている電力数を比べるのは大切です。
その時には数か月分ではなく、最低でも一年、できれば数年分の電力を考慮した方が後々計算違いが起きないでしょう。
そうした計算を重ねることで太陽光発電を設置する上のメリットとデメリットが算出されるはずです。
自分で計算をするのがめんどくさいと思った際には、そうしたシュミレーションを出してくれる様なサイトも多い為に参考にするのもよいでしょう。
Read more

postheadericon 太陽子発電のメリットデメリット

3サイズ

太陽光発電での一番のメリットは自分で電気を作れることです。
設置さえしてしまえば、エネルギーは太陽からの光だけなのでお金は一切かかりません。
また、いらない電気は電力会社に買い取ってもらうことが出来ます。
節電を気にする必要もなく、環境問題として多く上げられるCO2等がでるという心配がない事です。
太陽光発電の元となる太陽光パネルのサイズというのは大きいですが、太陽光が集まる屋根に設置する為それを邪魔に感じることはないでしょう。
その場で作ることで太陽光発電はその場で作るので、作った電気を無駄なく使用することができます。… Read more

postheadericon 発電問題

太陽光パネル

近年、多くの家に太陽光パネルが設置されている様子を見ることができます。
新築の家の多くには初めから太陽光パネルが設置され、後から太陽光パネルを設置するという家も増えています。
その背景は節電が叫ばれる風潮と、安定した発電方法が見つかっていない事でしょう。
脱原発という言葉は一週間に一度はニュースで取り上げられますし、火力発電はエネルギー資源の高騰化により有効な手段とは言えません。
また水力発電はできる場所が限られているだけではなく、送電時の電力の無駄が多いとも言われています。
エコロジーとして話題になっていた風力発電も年々多くの問題が取り上げられるようになり、安定した発電というものは難しくなっています。
そんな発電が難しくなるのと逆行するように、多くのものの電子化というものが進み、電気が無ければできない事が増えてきています。
加えて、日本は特に明るい土地いわれ、暗い部分は少なく、航空写真等からは日本の形はくっきり見えるといわれているのです。
多くの人は夜に道が暗いと不安感を覚えるといわれ、日本の殆どの道では街灯が設置されていたり、自動販売機が設置され、コンビニエースストアは24時間営業しています。
それでもそういった夜が明るい事は体に悪影響があるといわれ、明るさを落とした店が多いといわれていますが、それでも十分に明るいでしょう。… Read more